l_3

冬でも熱い! ロックフィッシュ ゲーム

これからの季節、寒波が来るたび冬が進んできます。12月にもなれば、楽しいメバリングの季節到来ですね。

近頃はアジング人気の陰に潜めてしまっている感があるメバリング。ライトロックフィッシュの人気の先駆けで、何年か前のメバリング人気がなければ今のアジング人気も成立しなかったんじゃないかと思います…あくまでも個人的見解ですが(笑)

mebaba-300x225

 

メバルは、ちょうど季節でいう冬(12月~2月)が産卵期にあたり浅場へ差してくると言われ、12月は産卵前のデカメバルを釣る好シーズンとなります。

そんなメバリングに欠かせないのがワーム。各メーカーにより形・カラー・素材にいたるまで、こだわりが詰まっています。

 

今回はワームとセットするジグヘッドについてご紹介します。最近では”ジグ単”と呼ばれる基本的なジグヘッドリグについて。

まずはメバルを釣る基本の形、ワームをただ真っ直ぐ巻いてくるアクション【ストレートリトリーブ】巻いてくるだけと言ってもワームを通すレンジ(泳層)をイメージしながら巻くのが肝心。比較的ポイントの上層を引くと数がでて、下層を探ることでサイズアップが期待できます。

↑ご購入はこちらをクリック!
商品写真
↑ご購入はこちらをクリック!
商品写真
巻きで誘うワームは、後方が細くなっているピンテールなど目視できないくらいのアクションをするワームが向いています。動いていないように見えますがシッカリとメバルにアピールしています。
↑ご購入はこちらをクリック!
商品写真
ワームをジグヘッドにセットする時は、針の軸に対して真っ直ぐに付けるのが肝心です。曲がっているとワームが回転したり、本来の微々たるアクションが生かされなかったりします。ただ、ルアーなので絶対ではなく案外曲げたら良かった!なんて事もありますが…。
上記の巻きで誘うアクションの釣りとは対照的に、ワームを釣り人側がアクションを付けてメバルを誘うジグヘッドリグがあります。
メバルが食性ではワームになかなか反応しない時、海藻などに隠れているメバルをワームの【ダートアクション】で引き付けて口を使わす、また瞬間的なアクションで反応させる釣り方です。タチウオワインドと同じような感じです。
ワームに関してダートアクションをさせるための形状があり、先ほどのストレート形状とは異なります。タチウオワインドのワームと同じような断面が三角に近くて短く、ボリュームがあります。
↑ご購入はこちらをクリック!
商品写真
↑ご購入はこちらをクリック!
商品写真
しっかりダートさせるためにはジグヘッドも専用の物を使用します。形状が水の抵抗が掛かりにくく切っていく様なイメージのヘッドになるので、先の尖った三角形にしています。
↑ご購入はこちらをクリック!
商品写真
ワームをセットするときに、あえて少し【への字】にセットすることで、よりダートさせやすく又ダート幅が広くなり操作性・アピール力が高まります。
夜釣りがメインとなるメバルですが、反射的なバイトが期待できるダートアクションは、明るくなり始めてからでも釣果が期待できます。
メバリングのルアーは種類は色々ありますが、ジグヘッドとワームがあれば狙うことができるメバル。ワームだけでなくプラグや、ポイントによって遠投が必要ならフロートを使ったりと多種多様なリグもあり楽しみ方もあります。是非メバルゲーム、楽しんでみてください。
今回、紹介しました商品は当店のオンラインショップの方でもご購入頂けます。オンラインショップでのお買い求めは下にある商品名をクリックしていただけますと商品ページへ進めますのでよろしければご利用ください。                                                                                                                                                                   ・エコギアアクア 活メバル シラス 2インチ #A07 ナチュラルパールグロウ(夜光)