DSC_0442

2018-2019防寒シューズ・ブーツ10選

いよいよ冬の気配を感じる季節になりました。

フィールドでは秋の魚から冬の魚へ変わる時期ですね。

前に秋冬の防寒ウェアのご紹介をいたしましたが

今回はブーツ・シューズなどの防寒フットウェアのご紹介です。

足元の冷えの対策を甘く見ると痛い目に合う季節、

意外と対策をされてない方も多いような気がしますのでご参考になれば幸いです。

 

MZRB-387

 

マズメ MZRB-387 ウィンターブーツ                                                                                                                                                ↑ご購入はこちらをクリック!

足全体を包む厚めのインナーボア。安定感のある重さで例年人気のモデルです。

汚れを気にせずガツガツ行けます。インナーを取り外せて洗えるのも人気のポイント。

MZXRB-012

マズメ MZXRB-012 フィヨルドブーツ                                                                                                                                            ↑ご購入はこちらをクリック!

実は非常に軽くブーツに比べ軽快そのもの。ヒモ靴のフィット感はブーツにない高い運動性能。

ソールは硬めで地味に悪路で疲れません。これも発売以来のロングヒット商品。

5308

双進(リバレイ) №5308 アラスカDRYブーツ                                                                                                                         ↑ご購入はこちらをクリック!

一見、登山靴にも見える程のしっかりとした作りです。ソールのグリップもさることながら

ブーツにありがちな長時間使用の際の足の疲れの無いすばらしいクッション性能です。

5273

双進(リバレイ) №5273 RVノースウォーカー                                                                                                                       ↑ご購入はこちらをクリック!

軽量タイプのハイカットモデル。ヒモ靴特有のフィット感が運動性・防寒性に優れます。

何より見た目がかっこいい。このまま冬キャンプに行きたくなるデザインです。

FB-067R

シマノ FB-067R スーパーサーマルデッキブーツ                                                                                                                     ↑ご購入はこちらをクリック!

ありそうで無かった防寒デッキブーツ。インナーの取り外しも可能。

注目すべきは新タイプのブロック型ソールのグリップ力の良さです!

WB3301WB3101WB3501

■ダイワ ウォームアップブーツ WB-3301(ラジアル)3101(スパイク)3501(ピンフェルト)                                                                                       ↑ご購入はこちらをクリック!

保温性・防水性・ストレッチ性に優れたネオプレーン生地を使った防寒ブーツシリーズ。

フィット感が非常に高く、ブーツにありがちなゴソゴソ感を感じません。

FX-934

阪神素地 FX-934 フェルトスパイク防寒シューズ                                                                                                                    ↑ご購入はこちらをクリック!

今の防寒シューズの流行デザインを取り入れたコスパモデル。

暖かくてフィット感良くそして軽い。足首周りの機動性も良くパーフェクトといえる。

SP-1152

ファインジャパン SP-1152 防寒ラジアルブーツ                                                                                                                      ↑ご購入はこちらをクリック!

今までご紹介した防寒シューズのハイブリッド型コスパモデル。

価格・機動性・軽量に加え、釣りでは重要な下半分が防水というのは評価したい。

 

以上トライがおすすめする足元の防寒フットウェア10選でした。

確かにわざわざ冬の為だけに靴を買うというのは贅沢といえば贅沢です。

普段の靴やブーツで防寒対策をするのも選択の一つです。

例えば、

・集めのソックスを履く。

・足元用カイロを使う。

・インソールを更に入れる。など。

釣り場の状況も動き回る釣りから雪中でじっとしてるまで色々有りますので

自分に合った冬の防寒対策を考えてみて下さい!

今回、紹介しました防寒ブーツは当店のオンラインショップの方でもご購入頂けます。オンラインショップでのお買い求めは下にある商品名をクリックしていただけますと商品ページへ進めますのでよろしければご利用ください。

マズメ MZRB-387 ウィンターブーツ                                                                                                                                            ・マズメ MZXRB-012 フィヨルドブーツ                                                                                                                                        ・双進(リバレイ) №5308 アラスカDRYブーツ                                                                                                                    ・双進(リバレイ) №5273 RVノースウォーカー                                                                                                                    ・ダイワ ウォームアップブーツ WB-3301(ラジアル)                                                                                                          ・ダイワ ウォームアップブーツ WB-3101(スパイク)                                                                                                          ・ダイワ ウォームアップブーツ WB-3501(ピンフェルト)                                                                                            ・阪神素地 FX-934 フェルトスパイク防寒シューズ                                                                                                                ・ファインジャパン SP-1152 防寒ラジアルブーツ

1538217897

秋のキャスティングジグ特集

秋も本番。ここ京都周辺の山々も少しずつ紅葉が色付いてきています。季節の移り変わりとともに釣れる魚種も変わってきますね。

日本海・若狭周辺では今、サワラまではいかないものの良型の【サゴシ】が好調に釣れています。また、瀬戸内・神戸大阪方面では【タチウオ】がまだまだ好調で、これからしばらく楽しめそうです。

1541755903192

そんな牙物回遊魚を狙うにはライトショアジギングがオススメ。

【ジャクソン】   ギャロップ・アシスト #CRB レインボー 20g                                                                                                       ↑ご購入はこちらをクリック!

商品写真

↑ご購入はこちらをクリック!

商品写真

使用するジグの重さは15g~30gぐらいと、重さによってはエギングロッドでもキャストできちゃう気軽さ。エギングのついでに…とバッグに忍ばしておくのも良いですね。最近はエサ釣りの方も持っておられます。

↑ご購入はこちらをクリック!
商品写真

 

   ↑ご購入はこちらをクリック!
商品写真

もちろん専用のライトショアジギングタックルだと、より飛距離が出せますしキャスト時のロッドにかかる負担も安心で、また突然の大物にも対応しやすいです。40gぐらいならこちがオススメです。エギングタックルにプラスワンタックル持って行くならこっちですね。

 ↑ご購入はこちらをクリック!
商品写真

さらにこの時期、回遊魚が色々とターゲットになりますが代表的なのはブリを筆頭にする【青物】。

1541755937736

 

ただ岸近くまではなかなか回遊してこないので、それならジグ重量を上げて飛ばしてみるのも手。ショアジギング専用タックルを用意してジグをかっ飛ばしてみましょう。

↑ご購入はこちらをクリック!
商品写真

50g~80gぐらいなら専用タックルを使えば比較的キャストに負担は少ないです。しんどいのには間違いないですが。。。情報ではまだまだショアからの青物が狙えるようで、ブリも釣れてます。一発大物、ぜひ狙ってみてください。

↑ご購入はこちらをクリック!
商品写真

ショアジギングで最近流行り出しているのがウルトラライトショアジギングまたスーパーライトショアジギング。ジグ重量が10g前後と軽いのが特徴でエサとなるベイトサイズが小さい時や、ターゲットが小さい時にオススメ。

↑ご購入はこちらをクリック!
商品写真

メッキやカマス、ガシラ(カサゴ)やアジ。偏食時期のシーバスなど狙える魚種も多彩。こちらも専用タックルが使い易いですが、ライトクラスのエギングロッドやシーバスロッド、チニングロッドでも使用可能です。

↑ご購入はこちらをクリック!
商品写真

重さを変えればターゲットも色々狙えるショアジギング、ぜひ楽しんでみてください!

今回、紹介しましたキャスティングジグは当店のオンラインショップの方でもご購入頂けます。オンラインショップでのお買い求めは下にある商品名をクリックしていただけますと商品ページへ進めますのでよろしければご利用ください。

ジャクソン   ギャロップ・アシスト #CRB レインボー 20g                                                                                              ・シマノ  JM-C20R コルトスナイパー イワシロケット 20g 07T フラッシュシルバー                                      ・ハヤブサ   FS412 ジャックアイ ショット 30g #8 グローゼブラ                                                                                    ヤマシタ   ムーチョ・ルチア 45g 10H ブルピン

DSC_0407-e1480218538760-1024x798

タチウオテンヤでの船釣り開幕!

ただいま関西ではタチウオシーズン真っ盛り!岸からも時合で二桁釣果も聞くほど。

もちろん船釣りでも絶好釣なわけで、今回は関西のタチウオ船釣りの定番仕掛であるテンヤに注目してご紹介。

まず【テンヤ】とはオモリ付きの針にエサをステン線で巻き付けたもの。

船タチウオの場合はイワシをエサに巻くことが多いですが、そのエサを巻く部分に工夫をしてみたり、オモリの部分の色を夜光だけでなくバリエーションを増やしてみたり、エサを巻いた時の姿勢にこだわってみたりと、各メーカーこだわりのテンヤが発売されています。

            ↑ご購入はこちらをクリック!

商品写真

シマノから発売された【サーベルマスター 船テンヤ】は関西船釣り界の大御所、今井浩次さん監修の基本性能の高いテンヤ。喰いのたつ水平姿勢キープ・針先はもちろんのこと特筆すべきは落下スピード。やっぱり一番先に釣りたいですよね。

ちなみに関西の船宿さんは重さを40号で統一されていることが多いです。

 

 

        ↑ご購入はこちらをクリック!
商品写真
ダイワ【快適 船タチウオテンヤ】はイワシカラーやゼブラなどカラーバリエーションが豊富。そしてダイワのサクサスフック。この針の刺さりの良さは抜群で、さらに針先を長くして掛け重視のテンヤに。アイの位置を変えることでテンヤの姿勢を調整することも可能です。
そしてタチウオテンヤといえば外せないのが針・仕掛メーカー【ハヤブサ】
メーカースタッフがタチウオの大会で入賞、メディアで情報を発信するほどの力の入れ様。
そのハヤブサからの新製品をご紹介。
                             ↑ご購入はこちらをクリック!
商品写真
刺さりの良いフッ素コーテングフック仕様はもちろん、
喰いの良い水平姿勢からの掛かり重視のバランス。小さいアタリも積極的に掛けていく方にオススメ。
                                   ↑ご購入はこちらをクリック!
商品写真
こちらはタダ巻きでのアクションでも乗りの良い乗せ型。
乗せ・掛けともにエサを固定しやすい【ヘッドロックシステム】採用で手返しも良く、数が稼げるかも。
そしてハヤブサ新製品で色んな意味で目を引くテンヤが!
                                 ↑ご購入はこちらをクリック!
商品写真
まず値段!(笑)そうなんです、タングステン製なんです。
タングステンを使うことでヘッドの面積を小さくでき、それによってのメリットが盛りだくさん。
落下スピードが速い・エサ以外のシルエットが小さくできる・フッキング時の抵抗も少ない等々、使えばわかる快適さ。とにかく人より釣りたい方には是非オススメです。
シーズンが始まったばかりの太刀魚釣り。船釣りといえど、他の釣り人も多いですが重さが限定された中で、テンヤの種類もありますしアクションの付け方でも釣れ方は変わってきます。
人より1匹でも多く釣るために考えてみるのも楽しいですよ!
 今回、紹介しましたタチウオテンヤは当店のオンラインショップの方でもご購入頂けます。オンラインショップでのお買い求めは下にある商品名をクリックしていただけますと商品ページへ進めますのでよろしければご利用ください。

DSC_0415

秋のウェアを考える

2018年の夏は大雨、酷暑、台風と釣り人にとっては過酷な年でした。

度重なる台風もひと段落付き、ようやく秋の気配を感じるようになりました。

日中と朝夕の温度差が大きいこの時期の釣りで困るのがウェアですよね。

今回は防寒ウェアをいくつか紹介したいと思います。

防寒ウェアと聞くとまだ早いんじゃないか?と思われそうですが秋にピッタリのウェアもあるんです。

最近の防寒ウェアの考え方は用途に合わせて細かくレイヤー分けされていて

一番肌に近いのが【インナー】、中間が【ミッド】、そして外側が【アウター】と大きく3つに分けられています。

これを状況に合わせ着重ねる事が今の防寒対策の主流です。

その中から秋の朝夕の防寒対策として使える防寒ウェアをピックアップしようと思います。

■まずは防風撥水ジャケット。

TシャツやロンTの上に着るだけで夜の冷たい風を防ぎます。

レインウェアよりは防水性は劣るものの程よい通気性が快適度のキモになります。

 

JA-040Q

 シマノ JA-040Q ストレッチ 3レイヤーフーディ ジャケット ダークグレー                                                                            ↑ご購入はこちらをクリック!

ストレッチ製が高いモデルで、大きな動きにもストレスを感じる事はありません。

撥水製も高いので多少の雨なら問題なく秋のフィッシングシーンでの活躍は間違いないでしょう。

MZFW379B

マズメ MZFW-379  ウィンドカットジャケット II ブラック     全2色                                                                                                   ↑ご購入はこちらをクリック!

こちらもストレッチ素材の防風撥水ジャケット。

裏地の肌触りが良く、Tシャツの上から羽織るぐらいで丁度良い感じ。

襟も高いデザインでインナー次第では冬でも全然使えるジャケットです。

MZFW380B

 

マズメ MZFW-380 mazume ウィンドカットパンツ II ブラック                                                                                                          ↑ご購入はこちらをクリック!

このモデルにはボトムもあり、肌寒くなった季節にはおすすめのアイテムです。

 

■次にミドルレイヤー。

状況次第でインナーからアウターとして着れる中間着を指します。

特徴は通気性の良さと窮屈にならないストレッチ性と適度なフィット感。

DE-8406J

 

 

ダイワ DE-8406J トラックジャケット グレー                                                                                                                                                     ↑ご購入はこちらをクリック!

防風のストレッチ素材で動きやすく、インナーとしても着用可能。

裾や衿は風が進入しにくいリブ仕様なのがポイントです。

 

DE-85008J

 

ダイワ DE-85008J ハイブリッドトラックジャケット ブラック                                                                                                               ↑ご購入はこちらをクリック!

防風性とストレッチ性を兼ね備えたジャージ素材を採用。

生地表面は凹凸が少なく、アウターとの干渉も軽減。様々な場面で着用可能な汎用性に優れたジャケット。

 

■上下セットアップ例

DE-2407JDE2407P

ダイワ  DE-2407J ストレッチフリースジャケット ブラック                                                                                                                  ↑ご購入はこちらをクリック!

ダイワ DE-2407P ストレッチフリースパンツ ブラック                                                                                                                           ↑ご購入はこちらをクリック!

上下それぞれでセットアップモデルを買っておけば素材感が同じなので

インナー仕様の際にはストレスフリーな着心地になります!

特にこのモデルはストレッチ性が高く、インナーで着ても動きやすさ抜群。

裏地は柔らかなフリースで肌触りが病みつきになります!

 

■最後にアウトドアに適したスウェットパーカー。

JA-075R

シマノ JA-075R ライトスウェットパーカー                                                                                                                                                       ↑ご購入はこちらをクリック!

スウェット地で非常に軽くて柔らかな着心地。 脇下・肩の擦れを軽減する補強生地採用。
ポリエステル100%で非常に軽く速乾性能にも長けているのが見逃せないポイントです。
 更に季節が進んで気温が下がればプラスレインコートで調節できます。
 釣りに限らず秋のアウトドアシーンではこういった細かなレイヤー調節が
その日一日を楽しめるかどうかの鍵となります。
皆さんが充実した楽しいフィッシングライフになるお手伝いが出来たら幸いです!

 

今回、紹介しました商品は当店のオンラインショップの方でもご購入頂けます。

オンラインショップでのお買い求めは下にある商品名をクリックしていただけますと商品ページへ進めますのでよろしければご利用ください。