2019年下野 鮎新製品をいち早く紹介

今年も残りわずかですが、各メーカーは来年に向けて動き出してます。

その中で下野ブランドの2019年新製品の情報がいち早く入りましたので、現時点で

わかってる範囲だけですが紹介させていただきます。

まず最初に人気のスリムウェーダーが来年モデルチェンジします。

received_1691120744367220

NEW製品名  SW-103WB  NEBスリムウェーダーSTD  WB中割

写真はサンプル品の為、発売までに多少の変更がある場合もあります。

見た感じデザインは目立つほど変わってませんが大きく変化した部分があります。

それは膝から下の部分で特に足首周辺ですが、従来のスリムウェーダよりワイドに

なってます。ワイドにすることによって脱ぎ履きが非常に楽になります。釣りが終わって

ウェーダーを脱ぐのに苦労してる方も多いと思いますがこのウェーダーは足首回りにに

少し余裕があるのでスムーズに脱げます。脱ぎ履きでストレスを感じてた部分を解消できます。

鮎釣りだけでなく渓流釣りでも使い易さを体感できると思います。

後、オススメポイントとしては作りが丁寧で今年までのモデルSW-102BRは縫製不良などで

の水漏れなどなく製品不良がありませんでした。一つ一つ細かい部分まで品質チェックを徹底

してる信頼度があります。もちろん来年発売予定のSW-103WBも102BR同様の品質チェックを

するので安心して使っていただけます。サイズはMA、MB、LA、LB、LLA、LLBです。他の

メーカーの同規格より少し余裕があると思われます。メーカー定価は¥27500を予定してます。

次はドライタイツを紹介したいと思います。こちらも来年モデルチェンジします。

received_462093344318192

NEW 製品名  DT-202WD  NEBドライタイツ WB 先丸

写真はサンプル品の為、発売までに多少の変更がある場合もあります。

こちらも今年までのモデルDT-201BRとデザインは目立つほど変わってませんが、中身は

変わりました。このドライタイツもウェーダー同様に膝から下の部分で特に足首周辺が

ワイドになってます。タイツのフィット感は失わず脱ぎ履きがスムーズにできます。

インナータイツやソックスを履かなくても脱ぎやすいみたいなので釣りが終わって

から脱ぐのに苦労するストレスが解消されます。膝の傷みやすい部分も厚めのパットが

装備されてるので耐久性も向上しました。またこれだけの性能を持ちながら他社と比べて

ドライタイツのなかでは一番価格を抑えてるとこも魅力の一つです。現時点ではメーカー

定価¥25000を予定しております。サイズはMA、MB、LA、LB、LLA、LLBです。

他のメーカーの同規格より少し余裕があると思われます。もちろんドライタイツも

厳しい品質チェックをしてるので今年までのモデルDT-201BRも縫製不良や水漏れが

ありませんでした。来年発売予定のDT-202WD  NEBドライタイツも同様の品質

チェックをするので安心して使っていただけると思います。

水は入ってきて欲しくないからウェーダーを履いてるけどたるみが気になって少しでも

そのたるみを改善したい方やドライタイツを一度履いてみたい方に最初の一着としては

このNEBドライタイツがオススメです。

次は新しい鮎釣りスタイルの一つであるショートパンツとレッグガードを紹介したいと思います。

received_367205167364670received_753272791713849

写真はサンプル品の為、発売までに多少の変更がある場合もあります。

こちらはまだ製品の正式名称がわかりません。用途としてはタイツやウェーダーを

履かなくてもいいくらいの 水深の河川で夏場などタイツを履いてても暑い時に、より

快適な鮎釣りができる新スタイルです。膝から下は足をついたりぶつけたりすることが

多い釣りなのでレッグガード部分は厚めのネオプレーンで作られており衝撃を緩和して

守ってくれます。ドライタイツのようにソックス一体型でタビやシューズと合わせて

ご使用ください。そんなに入らなくてもいいポイントで必要な部分はガードしてそれ以外

の部分はより涼しく快適にということで写真左のショートパンツとの組み合わせのライト

スタイルを下野ブランドは来年提案されると思います。今はまだ形が少しわかっただけ

なので、はっきりとしたメーカー定価はわかっておりません。繊細な情報が分かり次第報告

したいと思います。

次に紹介するのがNEBベストです。

received_323410268498171

写真はサンプル品の為、発売までに多少の変更がある場合もあります。

ここ最近シモツケブランドの鮎ベストはブラックとゴールドをベースにしたやや派手な

デザインが多かったが来年はNEBブランドでブラックとシルバーをベースにした鮎ベスト

が出ます。全体的にはブラックメインなので派手なデザインに少し抵抗を感じてた方には

オススメです。シックなデザインなのでトータルコーディネートはしやすいと思います。

ポケットも大きめなので物が入れやすいです。こちらもまだ製品の正式名称はわかってません。

はっきりとしたメーカー定価もわかってませんが現行モデルのMJB鮎ベストよりは価格を抑えて

発売されると予想されます。こちらも繊細な情報がわかり次第報告したいと思います。

次の紹介はキャップです。

received_1300312146791264

写真はサンプル品の為、発売までに多少の変更がある場合もあります。

こちらはNEBブランドのキャップになります。現行ではMJBキャップのブラックとゴールド

をベースにしたキャップしかなかったが、来年はブラックとシルバーをベースにしたNEBの

キャップが発売されます。先ほど紹介したNEB鮎ベストと合わせたデザインになってます。

MJBのブラックとゴールドの組み合わせかNEBのブラックとシルバーの組み合わせか好みに

合わせてコーディネートできます。こちらもまだ製品の正式名称はわかってません。

はっきりとしたメーカー定価もわかってませんが現行モデルのMJBキャップよりは価格は抑えて

発売されると予想されます。こちらも繊細な情報がわかり次第報告したいと思います。

次に紹介するのが鮎タビです。

received_545439692595075

写真はサンプル品の為、発売までに多少の変更がある場合もあります。

こちらはNEBシューズ  STD  WB先丸です。

見た感じは今までのNEBシューズとそんなに変わってないような感じですが、中身が

変わるみたいです。その変更点での一番は軽さです。足に負担をかけずタビの重さを

感じにくくより軽快に水の中で動けるようになりそうです。先丸タイプなのでNEB

ドライタイツと合わせることができます。サイズはSS、S、M、L、LL、3L、4Lと幅広く

ラインナップされてます。ソールはフェルトです。現時点ではメーカー定価¥8500

を予定しております。

received_2076551335732554

写真はサンプル品の為、発売までに多少の変更がある場合もあります。

最後に紹介するのがMJBスーパーライトシューズ(中割)です。こちらはまず発売されたら

手に取って持っていただきたいと思います。他のタビと比べて格段に軽い!!

軽量を求めたモデルなので通常のタビと比べてやや柔らかめなので、水圧のかかる深場で

釣りをすることが多い人には向いてない部分もありますがあまり水圧のかからない

水深で釣りをされてる方には足の負担が軽減されるので動きやすくなるのと長時間の釣り

でも疲れにくくなると思うのでオススメです。そんなに入らなくてもいいポイントならこの

スーパーライトシューズを履いて、水圧ののかかる深いポイントでしたら現行のMJB

ハイパーシューズNS  DGを履いて、場所によって使い分ければより快適な鮎釣りができます。

ソールはピンフェルト予定です。メーカー定価は、はっきりとわかっておりませんので繊細

な情報がわかり次第報告させていただきたいと思います。

現時点でわかる範囲で紹介させていただきました。少しでも参考になれば幸いです。

今、紹介した中で気になる商品があればスタッフにお問い合わせください。

来年になると新製品情報がどんどん明確化してくるので、その時はまた紹介させて

いただきたいと思います。