DSC_0407-e1480218538760-1024x798

タチウオテンヤでの船釣り開幕!

ただいま関西ではタチウオシーズン真っ盛り!岸からも時合で二桁釣果も聞くほど。

もちろん船釣りでも絶好釣なわけで、今回は関西のタチウオ船釣りの定番仕掛であるテンヤに注目してご紹介。

まず【テンヤ】とはオモリ付きの針にエサをステン線で巻き付けたもの。

船タチウオの場合はイワシをエサに巻くことが多いですが、そのエサを巻く部分に工夫をしてみたり、オモリの部分の色を夜光だけでなくバリエーションを増やしてみたり、エサを巻いた時の姿勢にこだわってみたりと、各メーカーこだわりのテンヤが発売されています。

            ↑ご購入はこちらをクリック!

商品写真

シマノから発売された【サーベルマスター 船テンヤ】は関西船釣り界の大御所、今井浩次さん監修の基本性能の高いテンヤ。喰いのたつ水平姿勢キープ・針先はもちろんのこと特筆すべきは落下スピード。やっぱり一番先に釣りたいですよね。

ちなみに関西の船宿さんは重さを40号で統一されていることが多いです。

 

 

        ↑ご購入はこちらをクリック!
商品写真
ダイワ【快適 船タチウオテンヤ】はイワシカラーやゼブラなどカラーバリエーションが豊富。そしてダイワのサクサスフック。この針の刺さりの良さは抜群で、さらに針先を長くして掛け重視のテンヤに。アイの位置を変えることでテンヤの姿勢を調整することも可能です。
そしてタチウオテンヤといえば外せないのが針・仕掛メーカー【ハヤブサ】
メーカースタッフがタチウオの大会で入賞、メディアで情報を発信するほどの力の入れ様。
そのハヤブサからの新製品をご紹介。
                             ↑ご購入はこちらをクリック!
商品写真
刺さりの良いフッ素コーテングフック仕様はもちろん、
喰いの良い水平姿勢からの掛かり重視のバランス。小さいアタリも積極的に掛けていく方にオススメ。
                                   ↑ご購入はこちらをクリック!
商品写真
こちらはタダ巻きでのアクションでも乗りの良い乗せ型。
乗せ・掛けともにエサを固定しやすい【ヘッドロックシステム】採用で手返しも良く、数が稼げるかも。
そしてハヤブサ新製品で色んな意味で目を引くテンヤが!
                                 ↑ご購入はこちらをクリック!
商品写真
まず値段!(笑)そうなんです、タングステン製なんです。
タングステンを使うことでヘッドの面積を小さくでき、それによってのメリットが盛りだくさん。
落下スピードが速い・エサ以外のシルエットが小さくできる・フッキング時の抵抗も少ない等々、使えばわかる快適さ。とにかく人より釣りたい方には是非オススメです。
シーズンが始まったばかりの太刀魚釣り。船釣りといえど、他の釣り人も多いですが重さが限定された中で、テンヤの種類もありますしアクションの付け方でも釣れ方は変わってきます。
人より1匹でも多く釣るために考えてみるのも楽しいですよ!
 今回、紹介しましたタチウオテンヤは当店のオンラインショップの方でもご購入頂けます。オンラインショップでのお買い求めは下にある商品名をクリックしていただけますと商品ページへ進めますのでよろしければご利用ください。