ホーム > リール(ベイトリール) > 17 スティーズ SV TW 1012SV-XH
ダイワ(Daiwa)
17 スティーズ SV TW 1012SV-XH
商品写真
標準小売価格 63,504円
→10%OFF57,153円
巻取り長さ(ハンドル1回転):86cm
ギヤ比:8.1
標準自重:160g
最大ドラグ力:5kg
標準糸巻量(ナイロン):12lb-40〜80m、14lb-35〜70m
スプール経:34mm
ハンドル長さ:90mm
ボールベアリング:12
ローラーベアリング:1 メーカーサイト 詳しい商品情報
  • 送料無料
  • 在庫あり
  • 納期即納
  • こちらの商品は店舗に在庫がある商品ですが、店頭でも販売しておりますので、ご注文のタイミングにより欠品する場合が有り、メーカーからのお取り寄せとなる場合がございます。 その際は追って在庫状況・納期などをご連絡させて頂きます。 メーカーの在庫数によりご注文数量にお応え出来ない場合がございます。 代金引換でお支払いの場合は即日か翌日の出荷となります。 お振込みでのお支払いの場合はお振込みの確認が出来た日か翌日の出荷となります。
※一部地域を除く
数量:
STEEZ the 2ND GENERATION 偉大なる初代の壁を超えるために
「これまでのSTEEZをあまりにも愛してきただけに、雑な進化は許さない」
Mr.STEEZ、並木敏成は語気を強めた。プロト時代を含め10年超の日々を共に戦ってきた右腕、いやレフティーの氏にとっては左腕となる愛機STEEZ。2014年には究極の進化系にしてシグネチャーモデルのSTEEZ LTD. SV 103H-TN(及び103HL-TN)を開発。アンダー150gの壁を破る148gを実現して、機能とデザイン共に、自身が納得いくまで追い込んだベストパフォーマンスモデル。もはやこのモデルを超えることは不可能か。世の声のみならず、氏自身もそう考えていたのだという。だからこそ、次世代モデル開発の提案に対して冒頭の言葉が出たのだ。
本質を達成するまでけっして妥協を許さない姿勢で知られる氏のこと、DAIWAエンジニア陣は厳しい言葉を覚悟でテストに挑む。しかし、初期プロトの段階から、明らかな性能のアップに顔を綻ばせたのだという。TWSとSVの融合で、圧倒的な遠投性能を発揮しながらのトラブルレスに勝機はあった。
「元々、TWS、SVコンセプトのそれぞれのメリットは存分に理解していた。しかし、かなりの逆風下でもスムーズにルアーを遠投できることには驚きを隠せなかった」
バックラッシュが発生する原因は、キャスト後のルアー飛行時に「スプールからのラインと、レベルワインドの位置が対極にあって、放出されるラインに強い抵抗がかかる時」と言及した上での発言。TWSは開口部が広く、通常のレベルワインドに比べてラインの抵抗が少ないフリクションフリー。スプール回転の初速で放った鋭い弾道はアゲインストの風を切り裂き、ルアーを飛ばす一方で、SVスプールはライン放出に合わせて適確なブレーキ力が働き続ける。それがたとえ逆風下でも、使い手が介入する余地もなく効力が持続するというのだ。 「力まずに軽くキャストしても鋭く飛ぶ。ギヤも大型化して、巻きに関してもさらにパワーアップしている」
初代の壁を超えた瞬間だった。
付属品
・クロロプレン製リールケース
・シリアルナンバー